Cheeseburger

英語の個別指導講師が経験したこと、考えたこと

座右の銘はなんですか?What is your personal motto?

個別指導の講師をしていると時々生徒から私個人に関する質問を受けることがある。私の年齢や出身地、出身大学を尋ねる質問が主である。しかし、時々「先生の座右の銘は何ですか」という質問を受けることがある。

I give high school students individual lessons of English. Some of them have asked me personal questions. They are mostly about my age, native place, or alma mater. But they sometimes want to know if I have a personal motto.

 

この質問は私にとって非常に厄介であった。というのも、私は生きる上で座右の銘は必要ないと思っていたからだ。自分が置かれている状況はいくらでも変わりうる。その時々の状況に合わせて行動を変えていかなければならない。しかし、座右の銘とは基本的にはどんな時にでもそれに則って生きなければならない個人的な法である。ということは座右の銘を持つことは良く生きることと反するのではないか。私はそう思っていた。

This question has been troublesome for me because until recently I wasn't convinced that I needed a motto in order to live. The situation in which we are placed can change unexpectedly. We have to change ourselves according to the present situation. However, a motto is a personal law that we have to live by in any situation. If so, having a motto runs counter to living well. 

 

従って私が生徒に座右の銘について聞かれた時の答えは、私には座右の銘はない、というものであった。生徒はこの答えを聞くと、私から目をそらし、がっかりした顔をして机を見つめる。彼らは感銘を受けたいのだ。であれば、何か一つ具体的な答えを用意しておいた方が良いだろう。たとえ私が厳密にそれに従って生きていないとしても。しかも英語のやつを、だ。

So my answer to the question from the students was "I have none." When they heard this, their typical reaction was to avert their eyes from mine and look disappointedly at their desk. They had wanted to be impressed. Then, as their teacher, I should have one, even if I don't live strictly by it. And preferably an English one.

 

座右の銘に関する私の否定的な考えの根底にあるのは、未来に何が起こるのかは誰にもわからないという単純な真実の認識である。しかし、考えてみると、この真実を反映するような座右の銘を考えれば良いのではないか。では、それは何になるだろう。おそらく「だが、勇敢であれ」になるのではないか。これはカズオ・イシグロの小説、『私たちが孤児だった頃』を読んでいて頭の中に残った言葉である。次に何が起こるのかわからない不確かさの中で、しかしこの不安によって麻痺せずに生きていくために、我々に必要なのは勇敢さなのではないか。そんなような気がした。勇敢さとは何か、という問題は当然残るけれども。

What underlies my negative conception of the motto is the realization of the plain truth that we cannot know beforehand what the future holds. But, come to think about it, maybe I can think of a motto that reflects this truth. Then, what would it be like? My tentative answer is "But be brave." These words have entered my mind after I read one of the novels by Kazuo Ishiguro, When We Were Orphans. Is it not bravery that we need when we are faced with the inevitable uncertainty but have to live without being paralyzed by it? This is how I feel now. Of course, the question "What is bravery?" remains to be examined.